コンプライアンス

コンプライアンス体制

当社は、リスク・マネジメントコンプライアンス委員会を設置しています。
リスク・マネジメントコンプライアンス委員会は、取締役会の直属機関として、管理部を事務局としリスクマネジメント規程及びコンプライアンス規程に基づき、当社の経営に影響を及ぼす可能性が高いリスクの発生を未然に防ぐ、或いは、コンプライアンス上の危機・緊急事態が発生した場合に迅速かつ的確な対応により被害を最小限に抑え、事業の円滑な運営に資することを目的としております。
また、業務部門から独立した内部監査室を置き、当社グループのコンプライアンスの状況を監視・検証し、専任担当者は定期的に社長等に報告しています。

内部通報制度

当社は、従業員に法令・定款の遵守を徹底するため、リスクマネジメント規程及びコンプライアンス規程、行動規範を制定・施行し、それらを遵守するとともに、従業員が法令・定款に違反する行為を発見した場合の報告体制としての内部通報制度を構築するため、内部通報規程を制定・施行しています。

内部通報の窓口として、内部監査室を設置としております。
内部監査室に通報があった場合、当該通報は、全件、代表取締役社長、その他役員、経営企画室長、内部監査室長を主な構成員とするリスクマネジメント・コンプライアンス委員会において審議され、その結果に従い調査その他の対応を行うこととしております。
また、当社においては内部通報規程において、通報内容を秘匿として保持するとともに、通報者に対して、通報を理由とした不利益な取扱いを禁止しております。
当社は、現行の仕組みが適切に機能していると考えておりますが、経営陣から独立した窓口の設置につきましては、今後検討してまいります。

デイトナ行動指針の実践

当社は、従業員が事業活動において法令順守を実践するために、行動指針の冊子『DAYTONA BRANDING VALUE』を作成し、従業員に配布しております。
『DAYTONA BRANDING VALUE』は、「行動指針」や「企業理念」をブレイクダウンしてよりわかりやすく、より身近なものにしたものです。動物のイラストが挿絵になっていて、従業員が視覚的・直観的に理解し、覚えやすい工夫をしています。