SDGs(持続可能な開発目標)とは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、

国連持続可能な開発サミットが開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、

その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。

この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、

17の目標169のターゲットからなる「持続可能な開発目標SDGs)」です。

自社太陽光発電設備から環境への取り組み

  • 2021年デイトナは、再生可能エネルギー事業の一環として 自社太陽光発電設備で発電した電力を活用し、デイトナ及びグループ企業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う取り組みを行います。
  • 2032年にFITが終了する本社太陽光発電設備は、継続運用し、発電した電力で直接本社電力を賄う『本社オフグリッド』を目指します。
  • 自社太陽光発電設備は、環境価値が付随した電力を安定して需要先に供給します。
  • 自社設備を大規模停電時後に起こる地域復興時の電力源としての検討を進めます。

当社太陽光発電トラッキング付非化石証書で再エネ100%を実現

デイトナグループは、「再エネ100宣言RE Action(アールイー・アクション)」を実現すべく、2021年11月気候変動テックで脱炭素社会に貢献するアスエネ株式会社と連携。

デイトナ太陽光発電所の発電電力をトラッキングされたFIT非化石証書を購入、デイトナグループで使用される電力の脱炭素化を実現いたしました。

今後は、当社太陽光で発電した電力を再エネ電力として当社グループへ供給できるよう進めます。

 

アスエネ株式会社

(1)再エネ100%・地産地消・コスト削減のクリーン電力サービス「アスエネ」

(2)CO2排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」

https://earthene.com/corporate/v

脱炭素エネルギー・化石燃料の代替燃料として水素生成装置開発の取り組み

  • 水素化ホウ素ナトリウム(SBH)によるオンデマンド水素生成装置を大学と共同研究で進めています。
  • オンデマンド水素生成による非常用エンジン発電機を地域大学と共同研究で開発を進めています。
  • 水素生成装置から出る副生成物をリサイクルさせSBHとして再生する研究を進めます。

水素ガス生成によるエンジン発電機 特許登録いたしました。

特許番号 第6869799号

登録日 2021年4月16日

件名 「水素ガス生成装置 並びにこれを適用した内燃機関 並びにこの内燃機関を駆動源とする発電機」

 

地域貢献 設楽町観光協会との観光パートナー協定による取り組み

この協定は、相互のプロモーション活動に当たり、相互支援協力し、地域の活性化を図るとともに、バイクライダーへの情報発信、デイトナが掲げるバイク文化の創造を周知する取り組みを推進いたします。

  • バイクライダーへのマナー向上、安全安心な商品情報を発信します。※バイクの事故を削減
  • バイクライダーからの情報発信を促す活動を進めます。※持続可能な観光業を促進
  • 関係を密に情報発信する事で、都市部から農村部への良好なつながりを支援いたします。