SDGs(持続可能な開発目標)とは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、

国連持続可能な開発サミットが開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、

その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。

この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、

17の目標169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

  • 当社のSDGs達成に向けた取組が、外務省のホームページサイト「JAPAN SDGs Action Platform」にある「SDGsに取り組む企業」の一例として紹介されました。
  • 当社の『再エネ100宣言 RE Action』への取組(事業で使用する電力の100%脱炭素化)を環境省のホームページサイト「再エネ スタート」に掲載されました。

自社太陽光発電設備から環境への取り組み

  • 2021年デイトナは、再生可能エネルギー事業の一環として 自社太陽光発電設備で発電した電力を活用し、デイトナ及びグループ企業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う取り組みを行います。
  • 2032年にFITが終了する本社太陽光発電設備は、継続運用し、発電した電力で直接本社電力を賄う『本社オフグリッド』を目指します。
  • 自社太陽光発電設備は、環境価値が付随した電力を安定して需要先に供給します。2022年より、ビジネスパートナーへ当社太陽光発電施設由来の非化石証書による使用電力脱炭素化の提案を開始いたします。
  • 自社設備を大規模停電時後に起こる地域復興時の電力源としての検討を進めます。

当社太陽光発電トラッキング付非化石証書で再エネ100%を実現

デイトナグループは、「再エネ100宣言RE Action(アールイー・アクション)」を実現すべく、2021年11月気候変動テックで脱炭素社会に貢献するアスエネ株式会社と連携。

デイトナ太陽光発電所の発電電力をトラッキングされたFIT非化石証書を購入、デイトナグループで使用される電力の脱炭素化を実現いたしました。

今後は、当社太陽光で発電した電力を再エネ電力として当社グループへ供給できるよう進めます。

 

アスエネ株式会社

(1)再エネ100%・地産地消・コスト削減のクリーン電力サービス「アスエネ」

(2)CO2排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」

https://earthene.com/corporate/v

脱炭素エネルギー・化石燃料の代替燃料として水素生成装置開発の取り組み

  • 水素化ホウ素ナトリウム(SBH)によるオンデマンド水素生成装置を大学と共同研究で進めています。
  • オンデマンド水素生成による非常用エンジン発電機を地域大学と共同研究で開発を進めています。2022年度中に、実用性の可否を行います。目標2024年製品化を目指します。
  • 水素生成装置から出る副生成物をリサイクルさせSBHとして再生する研究を進めます。

水素ガス生成によるエンジン発電機 特許登録いたしました。

特許番号 第6869799号

登録日 2021年4月16日

件名 「水素ガス生成装置 並びにこれを適用した内燃機関 並びにこの内燃機関を駆動源とする発電機」

 

地域貢献 設楽町観光協会との観光パートナー協定による取り組み

この協定は、相互のプロモーション活動に当たり、相互支援協力し、地域の活性化を図るとともに、バイクライダーへの情報発信、デイトナが掲げるバイク文化の創造を周知する取り組みを推進いたします。

  • バイクライダーへのマナー向上、安全安心な商品情報を発信します。※バイクの事故を削減
  • バイクライダーからの情報発信を促す活動を進めます。※持続可能な観光業を促進
  • 関係を密に情報発信する事で、都市部から農村部への良好なつながりを支援いたします。

2021年 事業計画案3件 実績未実施(緊急事態宣言により中止)

2022年 事業計画案5件

デイトナは、使用済みオートバイアフターパーツ、純正部品の再利用を推進します。

デイトナは、オートバイアフターパーツのリーディングカンパニーとして通常廃棄される使用済みオートバイアフターパーツ、純正部品を、パートナー会社並びにユーザーから仕入れ、自社のノウハウ、適正な処理を施しお客様に活用していただく取り組みを行っています。

2030年に向け、高い目標を掲げ、再資源化の拡大を計ります。

仕入れ数

  • 2021年目標52,800ピース 結果36,000ピース
  • 2022年目標63,000ピース
  • 2030年目標72,000ピース

当社は従業員へ、男性・女性関係なく社会の中で生き生きと活躍できるように様々な取り組みを行っています。

従業員への約束

1.社会の一員、そして仕事のプロフェッショナルとして真の人材となる教育、訓練を実施していきます。

  • 次世代育成研修
  • リーダー研修
  • プレゼンテーション研修
  • インナーブランディング研修

2.すべての従業員に対し、公正な立場での活躍の機会と成長のチャンスを提供します。

  • 子育て女性・男性への育休制度、育休後のグループ内サポート
  • 時短勤務制度、時差出勤制度、リモート勤務制度
  • デイトナ人事制度、FA制度、ブーメラン制度、セカンドキャリア制度
  • イノベーション研修(新規事業創出)
  • 早朝英会話教室

 

デイトナは、パッケージの脱プラ化への取組を推進し、環境改善活動を行います。

  • 商品パッケージの統合を計り、2024年より順次、環境配慮素材を検討し、移行してまいります。
  • 出荷された商品パッケージのリサイクル推進を進めてまいります。
  • 環境改善活動として、近隣自治体と連携を進め海岸清掃活動等に参加してまいります。

デイトナは、事業から出るごみの資源化を進め、2030年CO2排出量ゼロを目指します。

  • 可燃ごみの再資源分別の徹底を計ります。
  • 事業に使用するコピー用紙の削減、ペーパーレス化を推進してまいります。

可燃ごみCO2排出削減目標(2021年度比) 2022年度10% 2024年度40%削減

  • プラスチックごみの再資源化を推進してまいります。

プラスチックごみCO2排出削減目標(2021年度比) 2024年度20%削減

※社内での取組において、改善できないゴミのCO2排出量においては、カーボンオフセットによる実質ゼロカーボンを検討いたします。

※2021年度(1月~12月)当社ごみ排出によるCO2排出量:約60t-CO2(年) 

 

デイトナは、事業で使用する化石燃料を、2030年CO2排出量ゼロを目指します。

  • 社用車の低燃費車両(HV)への切替えを積極的に推進いたします。
  • 社用車の一部を電気自動車(EV)に切替を検討してまいります。
  • 将来、環境価値のある代替燃料への切替えを検討いたします。

※当社において、改善できない化石燃料においては、カーボンオフセットによる実質ゼロカーボンを検討してまいります。

※2021年度(1月~12月)事業で使用される化石燃料のCO2排出量:約111t-CO2(年)