SDGs(持続可能な開発目標)とは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、

国連持続可能な開発サミットが開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、

その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。

この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、

17の目標169のターゲットからなる「持続可能な開発目標SDGs)」です。

自社太陽光発電設備から環境への取り組み

  • 2021年デイトナは、再生可能エネルギー事業の一環として 自社太陽光発電設備で発電した電力を活用し、デイトナ及びグループ企業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う取り組みを行います。
  • 2032年にFITが終了する本社太陽光発電設備は、継続運用し、発電した電力で直接本社電力を賄う『本社オフグリッド』を目指します。
  • 自社太陽光発電設備は、環境価値が付随した電力を安定して需要先に供給します。
  • 自社設備を大規模停電時後に起こる地域復興時の電力源としての検討を進めます。

脱炭素エネルギー・化石燃料の代替燃料として水素生成装置開発の取り組み

  • 水素化ホウ素ナトリウム(SBH)によるオンデマンド水素生成装置を大学と共同研究で進めています。
  • オンデマンド水素生成による非常用エンジン発電機を地域大学と共同研究で開発を進めています。
  • 水素生成装置から出る副生成物をリサイクルさせSBHとして再生する研究を進めます。